2007年02月08日

夢でまた

相手を信じていれば離れていても笑ってられる

空が繋がっているように 貴方との心も
きっと繋がっているのだから・・・


今宵もきっと貴方は 歩いているのだろう 
蒼白い光の下 凍りそうな寒さの中
家への旅路を


やわらかな風に乗せて 届けよう 私の想い
貴方を優しく包むように


今宵も貴方の事を 想って旅立ちましょう
夢の世界へ


貴方とそこで会えると信じて

「おやすみなさい」




言葉の誕生日:07/02/08
最 終更新日:07/03/03
posted by 碧*空琉 at 00:00| Comment(0) | 心のかけら

冬の夜

風の音に誘われて
ふと外に出てみたくなった


冷たい風 凍える空気
ふと見上げると 空から白いものが降ってきた


ひらり くるくる


手を伸ばして捕まえてみる
捕らえたと思ったのに 一瞬で消えてしまった


不思議に思い 再び空を見上げると
まだまだ沢山降ってくる


「あぁ 雪か」

思わずこぼれた言葉に少し笑う
今年もまた 白い景色に
目を細める季節がきたんだなぁ


風の音で寒さを自覚し 部屋へと戻る
気づけば 身体は冷えていた
冬の足跡を聞きながら 布団へ足を運ぶ
春の訪れに 想いを寄せながら


「はやく暖かくなればいいのにな」


気が付けばすっかり夜も更けていた
明日も早い。今日は寝よう
おやすみなさい




言葉の誕生日:07/02/08
最 終更新日:07/03/03
posted by 碧*空琉 at 00:00| Comment(0) | 心のかけら

2007年02月05日

人待ち中

たくさんの仲間に出会い
たくさんの友人に囲まれて
それでも貴方がここには居ない
ただそれだけで 私は泣きたくなってしまう
弱く儚い 甘えてばかりの私



「いつもずっと傍に居て欲しい」

そう想ったとしても
それは出来ない事だとわかっている
だから言葉にはしない



貴方に出会えて たくさん笑った
貴方とぶつかって たくさん泣いた
貴方がいるから 私はもっと強くなれる


また会おう また笑おう
また一緒に同じ時を同じ場所で過ごそう


きっと笑って帰ってきてくれる
だからそれまで私は笑う
自分を信じて 前を向いて歩いていこう



私自身の生きる道を
人生という名の旅を
今日もまた進んでいこう



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


だからといって碧自身が連絡の付かない人を

待っているわけではないのですが・・・w





言葉の誕生日:07/02/05
最 終更新日:07/03/03
posted by 碧*空琉 at 00:00| Comment(0) | 心のかけら

2007年02月01日

嬉し涙

嬉し涙

感じるままに 揺れ動くままに
泣きたい 怒りたい
素直な心のままに 笑っていたい


貴方が私に言いました
「もう友達じゃない
 君は親友だ」

嬉し涙 ぽろり


貴方は私に言いました
「私は傍に居ることしかできませんが
お姉ちゃんの傍にいます」

嬉し涙 ぽろぽろ


貴方は私に言いました
「今のあなたは続きであって始まり。
 また一緒におしゃべりしようね」

嬉し涙 ぽろぽろり


貴方は私に言いました
「ずぅっと友達だよ」

嬉し涙 ぽろぽろぽろ


ほんの些細な言葉でも
嬉しくてたまらなくて 涙になって溢れてくる


止められない想い 友達って素敵だね
貴方と出会えたことに 感謝します


またねって言って 別れること

また遊ぼう
また話そう
また明日
また一緒に笑おうね


「またね」



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


携帯からの投稿で改行が多くなっていたため

修正いたしました(2/3 17:30)


笑っていられる事ってとっても素敵ねv




言葉の誕生日:07/02/01
最 終更新日:07/03/01
posted by 碧*空琉 at 00:00| Comment(0) | 心のかけら