2007年05月31日

流れる時

時間よ止まれと願っても 流れる時は止まらない

流れる時に身を委ね 止まらぬ想いを抱いたまま
私は今此処に居る

愛しい人 貴方のそばに居れるのならば
他になにも要らないから だからお願いそばに居て

流れる時 消えゆく光
貴方に会いたくて会いたくて会いたくて…

遠き地へと想いを馳せる
今度はいつ会えるかな
次に会えるその時にも きっと私は願うでしょう

止めれぬ事を知りながら
流れる時の中に居ながらも
時間よ止まれ と…


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。


楽しい時が流れるのは早く感じるのに

待っている時は流れるのが遅く感じますね〜

時間って不思議v
posted by 碧*空琉 at 13:14| Comment(0) | 心のかけら

2007年05月30日

大好きだよ

私が私じゃなくて
貴方が貴方じゃなかったら
私は貴方を愛せなかったかもしれない


思い出せない過去を追い掛けるよりも
新しい未来を探そう


私は貴方
忘れてしまったならまた覚えていけば良い


私は貴方を愛しているから
貴方のそばに居たいと願う


だから一緒に歩いていこう

大好きだよ
posted by 碧*空琉 at 04:01| Comment(0) | 心のかけら

記憶の涙が零れる時

何故だろう?
貴方のことを想うと涙が零れるの

何故だろう?
貴方との出来事が思い出せないの

何故だろう?
貴方と私の関係は何なの?

貴方はだぁれ?
どうしてそばに居てくれるの?

どうして貴方は笑っているの?
どうして私は泣いているの?

私は…誰…?
貴方は誰…?

不安定。不安。不思議。不自然。普通じゃない…
だけどそれが普通なのかもしれない?
分からない……


答えはどこにあるの?
答えを求めて闇へと落ちる…
posted by 碧*空琉 at 02:28| Comment(0) | 心のかけら

翼を広げて

もしも翼があったなら
もしもどこにでも行けるならどこに行こう

鳥のようにあの山を越えて
魚のようにあの海を越えて
その先に広がる新しい世界を見に行きたいな
行けたらいいな


この青い空のした
翼を広げて飛び立ちたい

そうすればこの苦しみから開放されるかな


あの青い空のもとへ 飛び立ちたい

翼を広げて…
posted by 碧*空琉 at 02:21| Comment(0) | 心のかけら

2つのてのひら

私のこの両手で何が出来るの?
絵を描き 文字を書き 仕事や家の事や遊びをする
だけどそうじゃない それだけじゃない

愛する人を包みこみたい
痛みに触れて治したい
貴方に好きだと伝えたい


夢や希望を失うよりも
自分自身を信じてあげられないことのほうが悲しいよ

愛を知る為に孤独があるのなら 私は望んで立ち向かおう
もしもそれが真実ならば この世に意味のないことなど起こらないだろうから


今は自分自身を抱きしめるしか出来ない

 この両手でいつか大切な人を守りたい

小さなこの両手だけれど貴方に触れて 大好きだって伝えられるようになりたいな
なれるといいな そうなろう


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


自分に出来ることだけでも 精一杯やり遂げられたら

この世界の見え方は変わってくると思うのです



2007-05-30 02:20:44 (5/31 13:50 追記)
posted by 碧*空琉 at 02:20| Comment(0) | 心のかけら

2007年05月22日

歩きたい 遠くまで

9-18.jpg

歩きたい 遠くまで あの扉の向こうへ

扉を開けたらかすかに土の匂いがした
雨上がり草の匂い 生きている自然の香り


歩きたい 遠くまで あの門の向こうへ

踏み締める土のうえを跳びはねる虫さん
貴方の眼にはこの世界はどう写っているの


歩きたい 遠くまで あの木の向こうへ

すれ違う車 行き交う街の人
そんなに急いでどこに行くの
貴方の目に私は写っているのかな


街の中 雑音 機械の音
私の声はどこまで届く?

貴方は今どこに居るの
貴方は今何をしているの
貴方は今何を見ているの

私は今何がしたいの
私は今何ができるの
私は今何をしよう


歩きたい 遠くまで あの山の向こうへ

鳥のように自由に空がとべたなら その翼広げて貴方のもとに飛んでいくのに


歩きたい 遠くまで あの雲の向こうへ

雲に触ったらあたたかいかな冷たいかな



世界中探したって貴方はもうどこにも居ない
分かってる 分かっているの だけど探してしまう
似ている背中追い掛けてしまう

会いたくて会いたくて会いたくて…
もうどこにも居ない貴方を探して

今日も私は歩いてく
貴方が残した足跡を探して あの空の向こうへ


-------*-------*-------*-------*-------*-------

絵を描いた時にはなかった言葉だけどあの空とイメージが一緒だったから画像もUPしてみました
posted by 碧*空琉 at 05:27| Comment(0) | 心のかけら

2007年05月19日

眠り姫

眠れ眠れ眠りなさい
夢へと誘う眠り姫 我が意識も闇へと沈む

おいでおいでと招かれて つられて来たのは夢の国
痛みも悲しみも苦しみも 全てが無に帰す夢の国


笑い楽しみ休みなさい
貴方が欲する休息を 私が貴方にあげましょう

だから眠れ眠れ我が姫よ
痛みを忘れ眠りなさい 今はまだ休みなさい

貴方の心欲するままに 身体の中が求める休みを


眠れ眠れ我が姫よ この世に溢れる悲しみを
貴方に集まる苦しみを 浄化するから休みなさい

今はただ休息を 今はまだ何も考えなくて良い


貴方が背負う運命の 絡んだ糸をほぐすから
しばしの間眠りなさい


貴方が眠るその時まで そばに居るか眠りなさい

おやすみなさい 我が姫よ 夢の中では幸せを


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。

(-""-;) んー・・こんな記事書いたっけ?(ぉぃ

最初の3行くらいしか覚えてないよ!!!

よっぽど眠かったみたいだ〜(。-ω-)zzz. .

結局途中3回起きたけど実質睡眠25時間確保ー!多すぎだ〜w

(追記)2007-05-20 17:26:00
posted by 碧*空琉 at 22:20| Comment(0) | 心のかけら

2007年05月17日

選択

生きている間には沢山の選択をしなければいけない

選択することで生きている
選択をしないで流されている人が居る
いや違う
その人は流されるということを選んだのだ

この世に偶然がなく必然だけがある

あの人に会ったのは会う必要があったから
苦しいことも悲しいことも起こるベくして起きたのだ
そう考えていけば楽かもしれない

悲しみは喜びを知る為にある
苦しみは楽しみを知る為にある

それならば仕方ないと受け入れることが出来よう

けれど…
本当にそれで良いのか?
それが真実なのだろうか?
答えは神のみぞ知る



何だかよく分からないんです…。自分が自分じゃないような感覚があって…自分の中にもう一人の自分が居て見ているような感覚なんです…。
私は誰なんですか…?貴方は誰なんですか…?
時々すごく不安になります。。。
雨の降る日…空が泣いているみたいで絵が描けなくなります。代わりに言葉が溢れます。。。いつまで続くのかなあ………
posted by 碧*空琉 at 03:16| Comment(0) | 心のかけら

2007年05月07日

涙の雨

この記事は自分の心の欠片です。

今の状態は・・・ 「悲しい」 ですね。

だから人によっては痛みを覚えたりするかもしれません。

心当たりのある方は読まずに逃げてください。。。

--------*--------*--------*--------*--------*--------*


流れる涙
止まらぬ想い

どんなに願ってももう会えない貴方
いままでホントにありがとう

苦しむ貴方の横で背中を摩る事しか出来なかった私
痛かったよね つらかったよね
光が消えるその時まで貴方はいっぱい頑張ってたよ
お疲れ様 ありがとう



貴方のそばで笑って話しをしていた
けれど消えるまで残された時間が少ないのを知っていた私

嘘をついてごめんなさい
作った笑いでごめんね
貴方は気付いていたのかなぁ



「来てくれてありがとう
皆に会えて嬉しいよ」


貴方が私に言った言葉 皆に伝えておきました
私も貴方に会えて良かった 貴方に会えて嬉しいよ


今はまだ心から笑えない
いつかまた笑えるようになっても貴方の事を忘れることはありません

いままで本当にありがとうございました


ゆっくりおやすみ
いつまでも大好きだよ



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


命の重さってこういう時に実感します

そしてその人のことを思う時に

今の自分はこれでいいのか?って考えてしまいます・・・
posted by 碧*空琉 at 02:01| Comment(0) | 心のかけら